スカ天のサイトへようこそ。

 

横須賀天文研究会は、1969年の10月に神奈川県の横須賀市で発足した天文サークルです。会も今年で創立52年を迎えます。会の活動拠点となる観測所はありませんが、北下浦市民プラザみんなの家の観測ドームを利用して、一般市民を対象にした天体観望会や望遠鏡操作講習会、会の定例会議等を行っています。

 

星に興味があるけど、何から勉強したらいいのかわからない。

 

実際の星座を見たいけど、どうやってみたらいいのかわからない。

 

望遠鏡があっても、その使い方がわからない。

 

望遠鏡が欲しいけど、どんな機材にしたらよいのかわからない。

 

三浦半島で星が良く見えるところを教えて欲しい。

 

実際の対象の天体を導入できない。

 

綺麗な天体写真を撮りたい。

 

等々、星や天文に興味があり、さらに探求したい方は、ぜひスカ天に声をかけてください。

 

2021-09-27-Jupiter-1.jpg

2021年09月27日 木星の大赤班とガニメデ
撮影場所 横須賀市内 事務局撮影  

観望会等のお知らせ

 

9/30日で緊急事態宣言が解除されました。北下浦市民プラザの施設が再開になりましたので、スカ天の活動も再開したいと思います。
​ 
※緊急事態宣言の解除に伴い、ソレイユの丘「秋の星空観察会」は、10月16日に開催の運びになりました。

※スカ天のあゆみ(ヒストリー)ですが、2021年現在まで到達しました。

2021/10/01日現在

近況報告

05/31日に、NHKの「おはよう日本」の番組で、不入斗星空観察会様子が放映されました。​

.先週、急遽テレビ東京の取材協力依頼があり、1/24日に猿島やソレイユの丘での撮影に協力してきました。

テーマは未来の宇宙旅行という企画で、宇宙エレベーターで宇宙船に乗り込み旅するというシナリオです。最新のCGを駆使して作られますので、リアルな映像が見られると思います。ぜひご覧になって下さい。

「未来シティ研究所」という番組で、2月9日月曜日の夜、22時54分~23時に放送されました。テレビ東京のサイトで動画が見られます。

9/13日にFMブルー湘南で放送された音源をアップしますので、聞いてみて下さい。横浜国立大学フェリス女学院放送研究会の会員の方から、事務局の渡邊がインタビューを受けました。

管理人 きらほし